謹白

1.お客様への三つのお約束

お客様のご満足が第一優先

長年に亘る業務経験から、もっとも大切なことは、受任件数の多さではなく、個別のお客様のご満足であるという結論に至りました。私たちは、常に、ご依頼者様の置かれたお立場、ご心情に配慮し、あなたの想いを実現させるためのご提案を致します。

キメ細やかな配慮・生き届いたサービス

小回りの利く事務所だからこそできる強みがあります。例えば、戸籍収集から遺産分割協議の立会い、遺産分割協議書の作成、各窓口への提出代行はもちろんのこと、書類への実印をいただくためのご親族様宅・病院・施設等への訪問や、公証役場への送迎サービスも行っております。

相続争い防止の対応

同じ家族同士であっても、価値観や考え方は異なるもの。私たちは、今後、起こりうるリスクを考慮に入れ、それを防止し、あるいは、低減させるために、最も適切と思われるご提案を致します。

2.そのお約束実現のために

  • 1.複数の文案から選べます

    仮文案の調整段階で、複数の文案を比較していただけます。ベースとなる文案をお選びいただいてから、調整に移ります。複数の段階を踏むことで、ご要望を漏れなく汲み取り、表現やニュアンスまで含めてご確認いただけます。

  • 2.アンケート

    「もっとこうしてほしい」等のご要望を出しやすいよう、アンケートを実施することで、迅速に、業務へフィードバックを図っています。

  • 3.雑記メモのコピー

    打ち合わせ時に雑記したメモのコピーをお渡ししています。話の内容の確認や、同席できなかったご家族様へのご説明の際にお役立てください。今後のスケジューリング表もお渡し致しますので、全体の流れが把握しやすくなります。

  • 4.ご指定の場所まで出向きます。

    資料の確認や打ち合わせの度に、何度も事務所までお越しいただく必要はありません。面会が必要な場合は、ご自宅やご指定の場所まで、こちらから出向かせていただきます。業務時間外でも調整のつく限り、対応致します。

  • 5.進捗状況の定期ご報告

    定期的に進捗状況の報告があるから安心。「放置されているのでは」というご心配とは無縁です。終了時にも、終了報告書をお渡し致します。

  • 6.法技術に基づいた実務家の見解提示

    これまでのご家族様の状況を詳細に把握させていただきます。それに基づき、法制度のどの部分を、どの程度まで用いるべきかについて、専門法律課としての見解をお伝えします。

  • 7.類似事案の情報提供

    お客様がご選択に迷われたときに、類似の実務事例を参考情報としてお示しすることがございます。類似の事例を知ることにより、ご自身にとって、より適した、ご納得の行く選択の一助になるよう努めさせていただきます。

3.お客様から寄せられた声

  • 「相続人が日本全国にちらばって住んでいるのですが、先生方が見事な段取りで実にスムーズに動いて下さり、思いのほか早く手続きが終わりました。」

    (80代女性、練馬区)
  • 「仕事柄、役所や銀行窓口に出向くことは、時間的に難しいと思い、手続きの代行をお願したのですが、実は、自分では気づかなかった遺産があったことも発覚しました。プロに任せて本当に正解でした。

    (50代男性、武蔵野市)
  • 「家族のしがらみあるので、身内同士では、なかなか話が進まずにおりました。でも、先生方に立ち会っていただき、全員が納得できる形で話がまとまりました。」

    (80代女性、東村山市)
  • 「公正証書遺言の作成では本当に親身になっていただきました。家族の細かい事情まで汲み取っていただき、本当に満足です。公証役場までの送迎も助かりました。」

    (70代男性、立川市)
  • 「父の死期が迫っていたため、遺言の完成まで、まさに時間との戦いでしたが、すぐに病院まで来て下さり、その後の手配もパーフェクトでした。父は間もなく他界しましたが、お陰様で、スムーズに相続手続きが済みました。」

    (40代女性、西東京市)
  • 遺言を自作してみたのですが、どこかに不備がないか心配になり、先生方に見ていただいたところ、やはり、自分では気づかなかった問題点が発覚。
    大事な手続きのことは自己判断せずに、経験豊富な専門家に任せるのが大事だと実感しました。

    (60代男性 所沢市)

私どもは、いわば、職人のような、常に、原点を大切にする「街の法律家」でありたいと考えております。
この想いは、これまでも、今後も変わることはないでしょう。
そのため、

  • 難解な制度や複雑なお手続きも、法令や制度の原点を踏まえて、平易な言葉でわかりやすくご案内いたします。
  • ご相談者様との打ち合わせには、相応の時間をお取りしております。お手数ではございますが、たびたび、出向かせていただく場合がございます。
  • ご依頼ごとに全力を傾けますので、事案の性質上、あまり多くの受任はできません。受任限度数に達した場合、受任制限をすることがございます。
    予めご了承下さいませ。
  • 内部の事務手続きは迅速に行いますが、時には、お気持ちやお考えが固まるまで、慎重にお時間をかけていただく場合がございます。スピード対応をうたうことは致しません。

いずれも、ご相談者様とのご信頼関係をお守りするためのものです。ご理解をいただけますと幸いです。

遺言について 相続について お問い合わせはこちら

お知らせ

  • 平成28年10月19日清瀬市合同市民相談 緒方担当予定
  • 平成28年10月3日「遺言を作っておいてよかった!」安心の場面を更新致しました。
  • 平成28年9月27日遺産相続ブログ「公平」って何?~~遺産分割協議の場面から~~を更新致しました。
  • 平成28年9月21日遺産相続ブログ「自分で作った遺言(自筆証書遺言)の落とし穴」を更新致しました。
  • 平成28年9月1日この度の熊本地震でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りしますとともに、被災されたすべての方の一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。
    9月1日防災の日に発売予定のプレジデントムック「防災グッズ大図鑑」に、財産の守り方に関する福田の記事が掲載される予定です。
  • 平成28年8月18日東村山市役所常設市民相談 福田担当
    悪天候にも関わらず、多くの方にご相談にお越しいただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。
  • 平成28年6月18日東京都行政書士会田無支部臨時総会開催
    弊事務所福田拓が田無支部支部長に就任致しました。
  • 平成28年6月15日清瀬公設市民相談【相続・暮らしの手続き相談】緒方担当
  • 平成28年5月30日平成28年度東京都行政書士会・東京行政書士政治連盟定時総会
  • 平成28年4月23日平成28年度東京都行氏書士会田無支部・東京行政書士政治連盟田無支部定時総会
  • 平成28年4月19日<業務雑感>
    遺言や相続を取り扱う立場上、日々、ご関係者様の戸籍資料を収集しております。中でも、お亡くなりなった方の法定相続人の確定をするには、その方の出生から死亡までの連続した戸籍資料が必要となります。ご年配の方の出生時の戸籍は、その方がお孫様として登場するケースが多く、江戸時代まで遡ることもしばしばです。現在とは異なる毛筆の戸籍を目にする度、その方の人生の重みを感じます。
  • 平成28年4月8日<公務>
    東京都行政書士会田無支部緊急役員会が開催され、来る23日定時総会に向け、最終打合せを行いました。現在、役員一同で準備中です。
  • 平成28年3月28日<公務>
    東京都行政書士会田無支部第4回役員会が開催されました。平成27年度の総括および、4月23日開催の定時総会へ向けての打合せを行いました。