事例

「不義理な身内と縁切りをしたい」

投稿日: 作成者: 管理人

何らかの理由で、「縁切りや勘当したので、遺産相続には関知させない」と、お身内に強い拒否の姿勢をお示しになる方がいらっしゃいます。よほどのことがあったのだと、お察し致します。ただ、ご家族内部のご事情と、相続の手続きは、一致するものではなく、生前に、「縁切り」や「勘当」と言い渡していたとしても、相続の権利が消えるものではありません。

法律上は、縁切りや勘当に相当するような概念はないことから、このような事情があったとしても、縁切りをされた方が法定相続人の地位にある限り、その方の協力抜きに、相続手続きを進めることができません。それほど、法律上の家族関係は、強固なものとされているのです。

将来、相続人となるご家族の中に、この方には遺したくないという強いご希望がある場合は、遺言を遺すことが、一番の対策になります。但し、配偶者や子供には、遺留分(いりゅうぶん)という、最低限保証されるべき権利というものがあります。これは、「○○には、一切遺産を承継させない」という内容の遺言を遺したとしても、法定相続分の半分は保証しなければならないというものです。

逆に言えば、遺留分さえ保証すれば、それを超える部分は、他の方に承継させることができるということです。

また、過去に、その方と貸し借りがあったり、贈与があった場合は、その部分を、遺留分に換算することもできますので、過去の経緯から、現在までの事情をさかのぼり、確認をなさることをお勧めします。

カテゴリー: 相続, 遺言 | タグ: | コメントは受け付けていません。

電話でのお問い合わせ

042-397-4886

お電話でのご相談は無料です。
厳格な守秘義務により、プライバシーは確実に保護されます。
業務時間外・面談時・外部出張時は、留守番電話録音か転送電話に切り替わります。
ご遠慮なく、お名前とご連絡先、メッセージを残してください。
24時間以内にご連絡を差し上げます。
なお、業務時間は、平日9時から17時までとなります。