事例

安易に判子を押すのはとてもキケンです

投稿日: 作成者: 管理人

相続手続きを弟に任せていたら、「兄貴の取り分はないよ」と言われてしまったのですが、こんなことってあるのでしょうか。こんなご相談を受けました。

この方のケースは、お父様がお亡くなりになり、既に、お母様は他界されているため、相続人が、兄と弟の二人のみでした。

弟から、「信頼できる法律家に処理を任せたので、必要なところに、実印を押してさえくれればよい」と言われたそうです。実際には、個々の書類の記載をよく読むことなく、また、その場にいた法律家からも「とにかくここに判子を」と言われたため、「何の書類かよく認識していなかったけれど、とりあえず判子を押した」のだそうです。

その方が押した書類というのは、相続分を放棄する内容のものであったことが後で分かりましたが、もはや、手遅れです。

相続手続きは、書類が多く、また記載内容も細かいため、確かにいちいち確認するのは面倒ですし、また、読んでも良くわからないということもあるでしょう。

そのため、信頼できる親族に手続きを任せたり、法律家が関与しているから安心と思うことも、理解できる話です。

しかし、一度押してしまえば、たとえ書類にどのような言葉が記載されていても、その内容を承諾した証とみなされてしまいます。

実際は、説明も受けておらず、単に、言われるがまま、従っただけなのに、のちに、そのような主張をしたところで、確認せずに判子を押したほうが悪いということになってしまうのです。

相続手続きに限ったことではありませんが、印鑑を押す場面、特に、実印を押す場面というのは、それ相応の重要書類であることが通常ですから、面倒がらずに、慎重すぎると思われるくらい確認することがちょうどよいでしょう。

その場に法律家がいる場合は、遠慮せずに、また、いやな顔をされたとしても、一つ一つ確認をすることが大切です。

むしろ、一般の方に分かりやすく手続きを説明するのが義務であるはずの法律家が、説明を渋ったり、面倒がったりするのは非常におかしな話です。

そして、説明を求めても、よく分からなかったり、納得できなかった場合は、「こちらで確認をしますので、預からせていただきます」というのが安全です。

返却の際には、必ず、お手元用のコピーを取ることをお忘れなく!
もし、そのように伝えても、急がされて、その場で押すように求められた場合は、疑ってかかるべきです。なぜなら、実印を押さなければならないような重要な手続き書面が、内容も確認できないほど急がされる場面というのは、通常は、ないからです。
 わからないまま押すことだけは、絶対に避けてください。

 

カテゴリー: 相続 | タグ: | コメントは受け付けていません。

電話でのお問い合わせ

042-397-4886

お電話でのご相談は無料です。
厳格な守秘義務により、プライバシーは確実に保護されます。
業務時間外・面談時・外部出張時は、留守番電話録音か転送電話に切り替わります。
ご遠慮なく、お名前とご連絡先、メッセージを残してください。
24時間以内にご連絡を差し上げます。
なお、業務時間は、平日9時から17時までとなります。