遺言について

遺言がなぜ必要なのでしょうか

  • メリット1自分の意思・意向を、正確に親族に伝えることができるから
  • メリット2相続承継を巡って、親族間の紛争を防止できるから
  • メリット3残された親族の相続手続きを、大幅に簡略化できるから
  • メリット4相続漏れを防止して、確実に承継してもらえるから 

私の家族に限って、相続で問題は起きないだろう 家族のだれかが処理すると思う。
この言葉は、たまに耳にしますが、でも、少しだけ考えてみてください。
相続手続きを進めようとする際に、家族のだれもが、相続関係者であり、なおかつ、
その後の生活があるのです。
あなたが他界してしまったことを悲しみつつも、
「相続人である以上は、財産承継で、不利な立場になりたくない(願望)」
「対応を自分が行うと、周囲にどう思われるかわからない(尻込み)」
「すぐに相続手続きに応じてもらえないなんて、なんだか妨害されているみたい(疑念)」

いろいろな思惑がご家族内で発生してしまうことがありえます。

「泣きながら眼(まなこ)を配る形見分け」「泣き泣きもよい方を取る形見分け」

この川柳が示す状態は、現実に発生します!
そこで、あなたが、ご家族様のために、遺言を残してあげてください。
相続の方針を提示してあげてください。

増加する遺言とその理由

なぜ遺言が増加しているのでしょうか?

理由1)
「共同相続制度が採用され、遺言が無い場合には、遺産分割協議が必要になるから」
→遺族の意見がまとまらず、大変な思いをしています。
 お父さんが遺言書を残してくれさえすれば、良かったのに・・・
理由2)
「家族生活重視から個人生活重視になり、相続財産をめぐる揉め事が増加したから」
→お互いをよく知る身内だからこそ、揉め事になりまして・・・
理由3)
「法定相続制度だけでは、千差万別の家庭事情に適合しなくなったから」
→法律はそうかもしれないけれど、私の家庭は、事情が異なりまして・・・ そこで 自分の死後、遺産をめぐる親族間の争いを、未然に防いであげたい。
各相続人の間の遺産の内容や分配方法を、明確に決めておいてあげたい。 遺言の増加

遺言が特に有効な場合
  • 相続人間で、紛争が予測される
  • 配偶者に全てを相続させたい
  • 娘の夫や息子の妻、孫たちに、財産を贈りたい
  • 特定の人に、事業や農業(関連する財産部分)を、全て承継させたい
  • 内縁関係にある
  • 相続人がいない
  • 縁故者(お世話になった方、社会福祉団体、寺社や教会など)に遺贈したい
  • 相続人が海外で生活している 
  • 特定の子供への配分を増やしたい
  • 死に際して、特別な意向を伴う(臓器移植提供 尊厳死宣言 特定宗教観など)

遺言の種類と区分の図

  公正証書遺言 自筆証書遺言
メリット 安定性・確実性・秘密性 秘密性・自由度・費用面
課題 公証役場とのやり取り 信頼性・適法性・検認手続き
タイプ 安全性重視の方 几帳面な方

実際に遺言書を残そうとされた後、皆さん、いろいろな課題に直面なさるようです。
ご相談の一例を、あげてみました。

公正証書遺言に関連するご相談・お悩み

  • 公証人に自分の遺言の内容をどのように伝えたら良いかわからない
  • 親族が遠方にいるため、必要な書類を収集して、公証役場に提出することが難しい。
  • 公証人にお話を通す前に、法律家に自分の遺言を相談しておきたい
  • 通院・介護・足が不自由などの理由で、公証人との面会が実現していない
  • 高齢者福祉施設に入所しているため、公証役場に出向けない
  • 公証役場から、難しいことを言われ、法律家と相談してくるように言われた
  • 証人2名とは、親族でも大丈夫でしょうか。
  • 遺言信託を巡って、信託銀行さんと折り合えない。公正証書遺言を作って大丈夫?
  • 夫が、私の公正証書遺言の仮案に、強い難色を示し、自分が先に遺言書を作ると言い始めました。どうしたら良いでしょうか?
  • 昭和60年代の、公正証書遺言の内容を確認したい。
  • (高齢の母に代わって、私が、)母の公正証書遺言の作成に助力してあげたいので、相談に応じてください。
  • 公正証書遺言の遺言執行人になっていただけないでしょうか。

自筆証書遺言に関連するご相談・お悩み

  • 自筆証書遺言を書こうとしてみたが、どう書いたらよいかわからなくなった。
  • 法律的に通用するか、無効になってしまわないか、心配になってきた。
  • 遺言書を検討している途中で、体調が悪化し入院することになった。病状から、時間的な猶予がないので、話ができるうちに、病院で面会したい。
  • 法律相談と税務相談で、遺言の内容について、異なる説明を受けた。
  • 金融機関提出用や登記所提出用も残さなければならないか。何通作ればよいか。
  • 戸籍謄本や登記簿謄本などの関連資料は、どの程度、集めて、どの部分を記載すべきか。
  • 自筆証書遺言の記載訂正の仕方を正確に教えてほしい。
  • 参照用に、遺言関連の書籍を何冊か購入したが、異なることが書いてある。
  • 妻から認知症ではないか と言われているが、遺言を書き進めて大丈夫か。
  • 長男に見せて確認しておきたいことが発生したが、開封して良いか。
  • 妻が先だってしまったので、以前の自筆証書遺言を、一部分で書き換えたい。
  • 亡くなってから数年経ち、仏壇の奥から、自筆の遺言状が出てきました。
    父が、ある方を認知すると書き遺しています。今後、どうなってしまうのでしょう。
  • 未登記の不動産があるが、遺言書での対処(家族への承継)は、可能ですか?
  • 自分の預金口座で、把握しきれていないものがある

上記は、これまでにお寄せいただいたご相談の一部ですが、いかがお感じになりましたでしょうか?ご自身にもあてはまりそうなものは、ございますか?

この10年間、お陰様で、ご相談者様にも恵まれ、多くのご遺言の作成に関与させていただきました。近時は、東村山市・清瀬市など地元自治体において、遺言・相続の公共相談も、担当させていただいております。

「わかりやすく、丁寧に」
「遺言者のご意思を最優先で尊重すること」
「残されたご親族の生活の安定を考慮すること」
「複雑な事例、特殊な事例こそ、原点を大切にすること」の4つを忘れずに、
これからも遺言書の業務にあたっていきたいと考えています。

遺言書に関することであれば、どのようなご相談やご質問でもお受けします。

お問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせ

042-397-4886

お電話でのご相談は無料です。
厳格な守秘義務により、プライバシーは確実に保護されます。
業務時間外・面談時・外部出張時は、留守番電話録音か転送電話に切り替わります。
ご遠慮なく、お名前とご連絡先、メッセージを残してください。
24時間以内にご連絡を差し上げます。
なお、業務時間は、平日9時から17時までとなります。